結婚を決意するなら

結婚を決意する場合、やはり気になるのが
相手の両親やきょうだいといった家族のこと。

「うまく意見が合うかな?」
「頑固じゃないかな?」・・・とか。

結婚適齢期の人たちのご両親は、50歳代前後が多いでしょう。
この世代の人たちは、意外とサバけているようですよ。


なぜって?
その世代の人たちは戦後の男女同権や女性の社会進出などの
民主主義の新しい波を若いころに受けているので、
それほど保守的とは言えないのです。


ですから個人差も激しくて、
保守的な人もいれば、そうではない場合もあるので、
親に対して固定観念や先入観をもたなくてもいいでしょう。


次に相手のご両親に好印象をもってもらうための服装。

ご両親の職業や年齢によっても違いますが、
第一印象で損をしないように、
相手にご両親の好みを聞いて、自分の範囲内でそれを
取り入れるのが得策です。


男と女が出会い、恋愛して交際しているだけなら
相手の親などはあまり関係ないでしょう。

でも、結婚という段階になると、
相手の親、兄弟、親戚もつきあっていかなければなりません。


女性の場合、結婚して姓が変わり嫁として夫の家に
組み込まれることが多いです。


なので、結婚を決意するまでには、相手の周囲の人たちにも
気を配るクセをつけておく必要があるようですね。


外反母趾を整える
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。